2012年03月11日

あの日から一年

14時46分、Bivi館内にアナウンス。
「ただいまから1分間の黙祷を行います」
1年前の同じ時間、サープラにいた私。
別フロアではありますが、同じ場所で黙祷をしました。

昨日のように覚えてます。
すごく大きく、長い揺れ。柱につかまって動けなかった。
雪が降る中、歩いての帰宅。
避難所でラジオを聞き、津波について初めて知る。
連絡がとれずに不安になる。
翌日、近くのテレビ局でモニターを見て唖然とする。
2日後にはガス以外復活し、自宅へ。
毎日テレビを見て、被害の大きさを知る。
ガスが再開せず、銭湯に数時間並ぶ。

「普通」がどんなに大切なのか、実感した日々。
そんな中、皆様に励まされてすごく嬉しかったです。

まだまだ大変な生活を強いられてる方がたくさんいます。
正直、特番を見ては泣いてました。
でも、1年前のことは忘れられないし、風化させてはならない。
posted by リサ at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます!

りささんも当日大変だったんだよね−
自分らは交通網が麻痺して、家に帰れない
程度でしたが、、、

早く皆様の笑顔が戻るようお祈りしてます。
Posted by はせ at 2012年03月12日 12:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/257082504
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。